元「能登」用489系が183系に

画像


2010年3月まで急行「能登」運用に使用されていた元金沢総合車両所489系H04編成が183系になって出場、
福知山運転所に転属しました。

 今回改造されたのはもとH04編成で、改造後はB702編成となっています。今回の改造では窓下の細帯が追加され、先頭車は半室グリーフ車に改造され新区分番台のクロハ183-200が登場しています。また、正面の赤い識別帯が消されスカートもグレーに塗装されたため151系を髣髴させる外観となっています。













・・・・とまあ、ある鉄道雑誌のニュースコーナーのように描いてみましたが、常識的に考えれば嘘に決まってます。今頃クロハ改造なんてあるわけないでしょ!

これを作るのに某運用サイトを覗きまして、複雑な編成表を見ながら当該編成の番号を決めたりしました。しかしフチの183系って新塗装から国鉄色に戻された車両もいるんですねえ。いやあ西も東も183系の世界は複雑だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

但馬路快速
2010年03月18日 22:14
地元ネタktkr。

しかし、「B702」は恐らくこの編成の
増結用モハユニットの編成番号になります…
(#これが6連なら(仮)B70編成+(仮)B702編成になるわけで。)

なので、かなりはっきり言うと、「B70編成」が正しい訳でして…


純正国鉄色のBB編成(元キトA7~A9編成)はいつ戻ってくるのやら。
第三波平@かんりにん
2010年03月25日 19:15
毎度どうも。
なるほどね、そういう呼び方になるわけですか・・
183系は奥が深すぎます。

この記事へのトラックバック